読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕だって他力本願に生きたい

大学生ゲイの諸行無常な日々

day 151

二人の記録

相方とファミレスに行く.エスニックフェアをやっていた.相方はパクチーが苦手だが僕は好物である.なんやかんやで二人ともパクチーが乗ったメニューにする.不味そうに食べる相方.何がしたいのやら.

ようやくPodcastにお便りが来るようになったという話,Twitterでフォローしている複数のカップルに破局の兆しがあるという話,将来は同居したいか隣の部屋に別々に住むかといった話をとりとめもなくする.

僕には,一緒に同じ部屋に住むメリットは家賃の折半以外にないように思われる.相方は家事が分担できるというが,洗い物も洗濯もゴミ出しも二倍量になるのだから手間は同じだろう.僕は何でも自分の規則で生活したがるので,同居は諸刃の剣である.

新学期から僕が多忙を極めることが予想されるので,会う頻度と一緒に過ごす時間の組み方を改善する話し合いをする.例によって僕の提案を相方がすんなりと受け入れてくれる.僕の性格に合わせてくれることがどれだけ助かっているかと改めて感謝する.

帰りにディスカウントストアで生活用品を買う.浴室のカビが気になると言うと相方が塩素系の洗浄剤を買って早速除去を試みてくれた.しかし簡単には取れないようであった.その後は諦めてコーヒーを飲んでいた.夜勤明けで眠いのだと言う.

この日は初めて相方の勤務表を共有してもらった.休日の数は安定しているものの凄い数の夜勤である.丈夫な身体が羨ましい.僕などは睡眠時間が少しでも削られると翌日は悲惨であるから,もう少し身体を鍛えようと思った.■